発注のコツ

 

配布期間を長く設定する

配布期間を長く設定する事で、「固定型」「移動型」のポスティング業者でも、併配することが可能になります。
その為、1枚単価を下げることができる場合があります。

 

配布エリアの設定の仕方

ある程度商圏が広く取れるお客様は、町丁指定をしないで発注すれば安くなる場合があります。
配布期間もそうでしたが、配布する条件をゆるめることで、併配する確率が増えることが要因です。

 

まとまった発注の仕方をする

例えば1回の発注枚数が1ヶ月で2.5万部とします、予定では4ヶ月間で10万部配布する予定です。
この場合、4回に発注を分けないで10万部で発注します。
当然ですが2.5万部と10万部ではスケールメリットが出てきますので、1枚単価が下がる可能性があります。

 

配布の仕方を工夫する

ターゲットに合わせた配布の仕方を考えましょう。
例えば、リフォーム会社のチラシを配布する時にターゲットは、持ち家か分譲マンションにお住まいの方がターゲットになります。
賃貸物件にいくら投函しても反響は出ません。
この場合はある地域の中で、「一戸建てと分譲マンションのみに投函して下さい。」と指示して下さい。
これで無駄なチラシを撒かなくてもよくなります。
これと合わせて前述した「配布期間」と「配布エリア」の条件をゆるめることで、さらにコストを下げることが可能になることがあります。

 

マーケティングをしっかりやる

ターゲットに合わせた配布の仕方で、さらに「商品」や「サービス」を提供したい顧客が住んでる地域の選定が大事です。
地域密着のお店は、お店を中心に半径500m~1Km圏内を目安にポスティングするのもいいでしょう。
また高額商品やターゲットの属性が限定されている場合等はGISポスティングをおすすめします。
人口・男女別・建物構造・建て方・持ち家・借家・年収・事業所別等、様々な単位でデータを引き出せるので、
ターゲットに合わせたポスティングが可能になります。

※あまり選別をしすぎると返ってコストが割高になるので、費用対効果が合うようにバランスも考えて交渉しましょう。