激安で選ぶのはちょっと待て!チラシ配りの業者探しで気を付けたい5つの項目

インターネットで「チラシ配布」や「ポスティング業者」を検索をすると
数多くのチラシ配り・ポスティング業者が存在していることに気付きます。

HPを観ても何が違うのかわからなかったり、
その中でも激安や配布率を売りにしている業者が・・・

コストは抑えられた方が良いし、
たくさん配布したいのは間違いありません。

しかし、
なんとなく「激安」や「配布率」で業者を選ぶのは、
ちょっと待ってください。

チラシ配り・ポスティング業者を選ぶ時には注意点があります。

注意点を5つにまとめてみました。
チラシ配り・ポスティング業者を選ぶ際の参考にしてください。

 

1、予算や目的から提案ができる業者であること。

まず、あなたの「目的」を最優先にしてくれる業者であるか、
業者のHPを読み込んでみましょう。

あなたがチラシ配りやポスティングで得ようとしている結果は「反響を出すこと」ですよね。
ただ反響を出せれば何でも良いかというと、それだけでもなく、
現実的な「予算」も絡んできます。

あなたの「予算」を理解して「目的(反響を出すこと)」に沿った提案ができそうな
チラシ配り・ポスティング業者がベストです。
チラシ配りを「目的」と「予算」で考えると、
実はやり方がたくさんあります。

例えば、
他社のチラシとまとめて配布する「併合配布(併配)」
配布単価は下がりますが、目に止まる可能性も下がります。

逆に
目に止まる可能性を上げるには「単独配布(単配)」が良いのですが、
「併合配布(併配)」と比べると配布単価は上がります。

どちらが良い悪いではなく、
併合配布(併配)が良いタイミング、
単独配布(単配)が良いタイミングというのがあります。

もしくは、
チラシを直接街頭で渡す方が良いのか、
サンプルを付けた方が良いのか・・・

「目的」によって、何のやり方が適切なのかも変わってきます。

そういったことをプロの目で提案してくれる業者は
安心できますし、お任せしやすいのではないかと思います。
配布についての提案がない業者の場合、
その分、価格は安いのかもしれません。

しかし、そういった業者は「チラシを配布すること」が目的ですので、
反響を出すための努力はあなただけで行うことになります。

チラシ配り業者を選ぶときは、
「反響を出すこと」を目的として、
提案を考えられる業者を選びましょう。

 

2、スタッフの教育体制は行き届いている業者であること

HPにスタッフの教育体制が書かれていない業者や
ボヤッとした表記になっている業者は注意しましょう。

チラシ配り・ポスティングとスタッフの教育、
一見関係ないようですが、実は密接に関係します。

チラシ配り・ポスティングは、
地味な作業ではありますが、自己管理能力が問われる作業です。

教育が出来ておらず、「配布出来ればいいや」という発想で配布していたら、
あなたの大切なチラシが粗末に扱われたり、きちんと配布してくれません。

反響に繋がらないどころか酷い場合はクレームになり、
あなたの会社が影響を受けてしまいます。

また、配布がきちんとできているのか、
チェックする体制が整っているのかも調べましょう。
(スタッフ全員にGPSを持たせている、配布報告を徹底している、など)

スタッフの教育体制が明確になっている業者を選びましょう。

 

3、ダイレクトマーケティングに詳しい業者であること

 

チラシ配り・ポスティングは、「チラシを配る方法」ではありません。

専門的な言い方をすると「ダイレクトマーケティング」という手法のひとつです。
ダイレクトマーケティングとは「必要な顧客に必要な情報を届ける」マーケティング。

ダイレクトマーケティングの考えがある業者とない業者では
チラシ配りの意図がまったく変わってきます。

ダイレクトマーケティングに理解がある業者は、
「必要な顧客に必要な情報を届ける」という考えの下でチラシ配りを提供しているので
GIS(地理情報システム(Geographic Information System))を活用していたり、
独自のデータを持っています。

逆に、ダイレクトマーケティングに理解がない業者は
意図を持っていないため、反響に繋がりにくくなります。
問い合わせた時の対応でもわかります。

ダイレクトマーケティングに詳しい業者なら
「あなた(お客様)の反響」を何より大切にしています。
なので、チラシ配り一つでも、もっとも反響の出る方法を提案してくれるはずです。

HPに「ダイレクトマーケティング」について記載と説明がされているか確認しましょう。

 

4、実績のある業者であること

 

HPに過去の実績を公開している業者の場合、
配布単価や利用したお客様の声を掲載しているところもあります。

たくさんの実績がある業者はそれだけノウハウもありますし、
エリアに精通しているとも言えます。

また、
あなたが扱っている業種の前例がある場合もあります。

チェックしておきましょう。

 

5、求めているエリアに詳しい業者であること

 

特定のエリアでチラシ配布をしたい場合、検討しているエリアに強い業者を選びましょう。
すでに豊富な実績が紹介されていたり、
固定型配布(地元の主婦などが中心の編成)が配布している、などです。

地域に強い業者はアピールしている文章を書いているはずです。

地域に特化した業者は、それだけ地域の情報が豊富です。

 

まとめ

価格・配布率で選びがちなチラシ配り・ポスティングの業者。
配布するだけでは求める反響に届きません。

安くばらまいて反響が出ない方を選ぶか、
多少高くても反響に繋がる方を選ぶか・・・
反響に繋がるために選んだ方が良い業者の見極め方をご紹介しました。

  1. 予算や目的から提案ができる業者であること
  2. スタッフの教育体制が行き届いている業者であること
  3. ダイレクトマーケティングに詳しい業者であること
  4. 実績のある業者であること
  5. 求めているエリアに詳しい業者であること

チラシ配りの業者を検討する時、参考にしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です