ポスティング業者はどうやって配布管理をやってるのか?

「ポスティング業者は配布管理をやってるの?」

ポスティングを依頼するとき、
まず気になることが

「ポスティング業者は配布管理をやっているのか?」

という疑問です。

ポスティングは(ご存知かと思いますが)、
メインの作業は「配布スタッフによる現地での手配り」です。

ポスティングスタッフはエリアへ出たら
基本は一人で行動し、配布を行います。
本部のスタッフがいつも見張っていることはできません。

そのため、
ポスティングの依頼主としては、

「配布をサボることもできるのではないか・・・?」
「もしかして、チラシをどこかに廃棄しているのではないか・・・?」

といった不安もうまれると思います。

では、
ポスティング業者はどのようにしてスタッフの
配布管理を行っているのでしょうか。

 

ポスティングスタッフの配布管理はGPSで。

現在、多くのポスティング業者が配布管理に導入しているのが
スタッフに「GPSロガー」という装置を携帯させる方法です。

GPSロガーとは、数秒おきに位置情報を取得して、
ログを保存することが出来る装置。

GPSロガーを所持していれば移動中の速度の変化、
移動した軌跡を地図上で表示することが出来ます。

ポスティング業者は、
スタッフのGPSロガーと本部にあるパソコンを連携させ、
常にスタッフの位置情報が把握できるようにしているため
スタッフの行動を秒単位でチェックできるのです。

そのため、
ポスティングスタッフは一見自由そうに見えますが、
逆に、常に見張られている状態と言っても過言ではありません。

また、「常に見られている」という緊張感を持たせることで、
スタッフ自身も意識して、寄り道や時間稼ぎをしないで
行動するようにもなります。

そして、ポスティングが終了したあとは、
依頼主も行動記録を確認することができ、
安心して配布を任せることが出来ます。

 

GPSロガーがあればOK、というわけではない。

ただ、
GPSロガーさえあれば安心!
というわけではありません。

スタッフの配布管理は、GPSロガーを持つこと以上に
「ポスティング業者の教育が出来ているかどうか」
重要となります。

教育が整っていてスタッフの意識が高い状態なら、
GPSロガーがあってもなくても、きちんと配布できるはずだからです。

ポスティングを依頼するときは、
まずはスタッフの採用基準や教育体制を確認してください。

例えばこんな業者は、スタッフ教育に熱心な業者です。

  • 仕事に積極的な人や社会性のある人を中心に面接で採用する業者
  • ポスティングのプロの自覚を持たせる意図を持った研修制度のある業者
  • 定期的なミーティングで本部や管理スタッフとポスティング部隊のコミュニケーションを取る業者

ポスティング業者を選ぶときは、
GPSロガーを所持しつつ、スタッフへの教育体制が整っている業者を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です