ポスティングについて

ポスティングとは

届く。目に触れる。リーチ度は実に99%
ポスティングとは、さまざまな販促物(カタログ・パンフレット・冊子・チラシ・試供品)を各ご家庭や事業所にダイレクトに配布していく最も即効性があり効果的な広告手段です。

なぜいまポスティングが求められているのか?

この10年間、新聞の発行部数が約200万部ずつ減少しており、東京23区内の一般家庭における新聞購読率は30%を下回るともいわれています。
TV・ラジオ・インターネット、さらには携帯端末等メディアの普及によって、この傾向は更に強まってくると予想されます。
このような傾向の中で、東京23区内のような都市部でのセールスプロモーション方法としては、新聞折込よりポスティングは高い効果が期待できると見直されています。
ポスティングの強み ⇒ 媒体問わず世帯に届くこと。

【ポスティングVS.新聞折込】基本サービスの比較

ポスティング 新聞折込
配布エリア 町丁目単位 ブロック単位(数町丁目)
配布スピード 2~7日(指定期間) 1日で完了
高独立・到達率 60~70% 20~60%(都心は低い)
観覧率 70~90% 10~30%
ターゲット 年齢・性別を問わない 主婦・高齢者が中心
配布単価(A4サイズ) 3.5~6.0円 3.4円+手数料
住居セグメント 可能 不可
反響率(コンバージョン) 高い 低い

GISポスティングとは

GISで「購買力」のあるエリアを知ることができます。

地域ごとに居住者の属性を分析し、ポスティングに最適なエリアを町丁目単位で抽出できるシステムのことです。ターゲットを狙い撃ちすることで、無駄撃ちの少ない効率的な販促プロモーションを展開できます。

クレーム対応についての基本

郵便ポストは元来、郵便物が入るスペースとしてあるため、ポスティング広告が情報伝達手段として社会的に認知された時代になっても、受け取り側によっては迷惑行為と判断されることがあるようです。
下記の図はポスティングによるクレームが発生した際の基本オペレーションフローです。