【紙質や厚さも重要】ポスティングチラシに最適な紙の種類を知ろう

皆さんはポスティングを行って「いまいち反響が出なかったな」と感じたことはありますか?

もしかしたらそれはチラシの紙に問題があるのかもしれません。せっかくチラシデザインは良くても、紙質とミスマッチを起こしていると訴求効果は半減してしまします。

今回はポスティングチラシの紙質や紙の厚さなどといった、用紙に焦点を当てて解説していきます。

どんな紙を使用すればいいのかわからないという方は、ぜひ最後まで御覧ください。

この記事は、累計配布枚数3億枚以上のチラシ配布実績を持ち、ポスティング専門会社である、エリアマーケット株式会社、マーケティング事業部の多田 夏士が責任を持ってお届けしています。

ポスティングチラシの紙の種類を知ろう

紙といってもチラシ用紙にはいくつかの種類があります。チラシのデザインが良くても、チラシの内容と紙質の印象が異なっていると、自社サービス(伝えたいこと)が正しく伝わらず反響も出ません。それではいいチラシとは言えないでしょう。

チラシにおける代表的な3つの用紙をご紹介します。自社のチラシは文字が多いのか、写真が多いのか、それに合わせて使用する用紙も変えていきましょう。

上質紙(普通紙)

上質紙は光沢紙やマット紙のような加工を施していない紙を紙のことをいい、いわゆる普通のコピー用紙に近い紙質です。

表面をコーティングしていないため、手触りはざらざらしており、鉛筆での書き込みが可能です。文字情報が多いチラシやアンケートなど書き込みが必要な内容なら、上質紙を使用することをおすすめします。

また、上質紙は繊維(パルプ)の自然な質感を活かした紙なので、よりナチュラルでユーザーに親しみやすい親しみやすい印象を与えることができます。

上質紙の特徴

文字をきれいに印刷でき読みやすい

書き込みがしやすい

印鑑もしっかり押せる

印刷の仕上がりはやや暗い発色

光沢紙(コート紙)

光沢紙とは、特殊な薬剤で表面をコーティングしてあるため、見た目に光沢(ツヤ)がありツルツルとした手触りが特徴です。

きれいな写真を載せている内容でも色鮮やかに印刷でき、きれいに仕上がります。

しかし、インクを弾く性質のためチラシへの書き込みはしにくいです。

光沢紙(コート紙の特徴)

写真が色鮮やかに印刷される

高級感が出る

チラシへの書き込みはできない

マット紙(マットコート紙)

マット紙はコート紙につや消しを施した紙で、手触りはさらさら、しっとりしています。

写真も色鮮やかに印刷され、仕上がりにボリューム感が出て、光沢がないため光沢紙より書き込みがしやすいです。

光沢紙と上質紙のいいところが備わっているので、少々お高めです。

マット紙の特徴

写真と文字両方きれいに印刷できる

文字を書き込むことができる

上品な雰囲気が出る

ポスティングチラシの用紙の厚さ

チラシ用紙には大きさや紙質だけでなく、厚さにも種類があります。用紙の厚さによってチラシの印象や雰囲気が大きく変わります。

厚さを変えることで高級感を出したり、逆に薄くしてコストを抑えることができます。チラシの厚さを最適にして、ユーザーにより訴求できるようにしましょう。

ポイント

紙の厚さが薄ければ薄いほど、コストを安く抑えることができますが、裏の写真が透けてしまい見づらいチラシになってしまいます。

極薄58kg新聞の薄手の折り込みチラシ
薄手70kg新聞紙の厚さ
標準90kgコピー用紙の厚さ
少し厚手110kgお札の厚さ
厚手135kg雑誌の表紙の厚さ
厚さの表記方法

紙の厚さの表記は独特で「kg」という単位で表されます。

これは紙を1000枚重ねたときの重さです。

おすすめのチラシの厚さは?

ポスティングチラシでおすすめの紙の厚さは標準の90kgです。基本的にどんな内容にでも合わせやすく、読み手に伝えたいことをしっかり伝えることができる厚さです。

しかし、訴求したい内容によって少し厚さを変えてもいいでしょう。

デリバリーのメニューなどはある程度保存されることを考慮して少し厚手の紙がおすすめです。また、コストを抑えたい方は薄手の紙を使用してもいいでしょう。

紙にもこだわりを

いかがだったでしょうか、今回はポスティングチラシの用紙に焦点を当てて解説しました。

紙質の違いや厚さの種類など、紙にも様々な種類があることを理解していただけましたか?

もちろんチラシのデザインも重要ですが、その内容に合った紙を使用しないと効果が半減してしまいます。ポスティングをする際は紙質に関してもこだわってみましょう。

エリアマーケットは配布はもちろん、印刷からも承っています。ポスティングに関して何かわからないことがありましたら、ご気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です