デジタルとアナログを活用!飲食店のための新規顧客獲得方法7選

今のご時世、飲食店の経営はとても困難なものだと思います。チラシを撒いてみたり、SNSをはじめたり、いろんなことを試しているが新規のお客さんがなかなか来ないという悩みを持っていませんか?

集客方法はたくさんあり、それぞれメリット、デメリットがあります。この記事では飲食店を経営している人に向けて、新規顧客獲得のための方法を解説しています。新たなお客さんが来なくて悩んでいるという方はぜひ一読してください。

この記事は、累計配布枚数3億枚以上のチラシ配布実績を持ち、ポスティング専門会社である、エリアマーケット株式会社、マーケティング事業部の多田 夏士が責任を持ってお届けしています。

オンライン(デジタル)での集客方法

ポータルサイト

飲食店の店舗情報やメニュー、最新情報を掲載しているサイトです。一度は聞いたことのあるであろうホットペッパーグルメやぐるなび、食べログなどがグルメのポータルサイトに当たります。利用者数も多く、ポータルサイトで予約をするお客様も大勢いるので、お店の認知拡大において活用できます。

「地域×業種」例)池袋 居酒屋 で検索することで上位に表示させることができます。各サイトのSEO対策が独占的なため上記の検索でサイトが上位表示され、閲覧される可能性が非常に高いです。

また、口コミ機能もあり評価が高い店舗はユーザーから信頼され来店に繋がります。

月々の利用料やプランによって費用は大きく変動します。無料での利用も可能ですが、サイト内での掲載順位はどれくらいの費用をかけているかで決まるため、飲食店が多いエリアでは上位表示は難しいです。

MEO

MEOはローカルSEOとも呼ばれているGoogleマップなどでエリア情報に特化した検索サイトです。Googleビジネスプロフィールに登録することで表示ができ、ポータルサイトと同様に「地域×業種」で検索されたときに表示されます。

ポータルサイトと似ていますが、大きく違うところは無料ででき、然るべきMEO対策をすることで検索結果の一番上に表示させることが可能です。MEOは広告やポータルサイトより上位に表示されるので非常に多くのユーザーに見てもらえます。

上位表示させるには店舗情報を整理し、店舗内や料理の写真を多数掲載することが必要です。また、口コミを集めること、そしてその口コミに返答することが大切です。このご時世では営業時間が頻繁に変更されるので、随時情報を更新したり、ユーザーが求める情報を充実させていきましょう。

SNS

Instagram

写真や動画投稿に特化したSNSでメニューや店舗のきれいな写真を投稿することでお店の雰囲気を伝えることができます。Instagramは10代20代の若年層が中心に利用しているアプリですが、近年は幅広い世代で利用されているので、どんな飲食店でも活用できます。

特に10代~20代の女性を中心に「ハッシュタグ検索」で飲食店を探す検索方法も増加しています。

また、フォロワーを一定数持つ「インフルエンサー」など拡散力の高いユーザーが投稿すると、一気に集客につながる可能性があります。そのときには新規からリピーターになってもらえるような施策が必要です。

TikTok

TikTokとは、若者を中心に流行しているショート動画投稿を軸としたアプリです。

グルメ系コンテンツの人気が非常に高く、プラットフォームの特性上、多くのユーザーに見られやすい傾向にあります。またTikTokは10代20代のユーザーが過半数を占めていて若者しか利用していない、というイメージがありますが、実は現在、30代から40代のミドル世代も圧倒的に増加しています。

料理の作成動画や、スタッフの紹介、最寄り駅からお店までの道順の紹介などをあげることによって、興味を持ってもらうことができます。

デリバリーサービス

近年大きな市場となっているのがデリバリーサービスです。デリバリーサービスを利用することで家で食事をしたいというニーズのお客様の集客が可能になります。

UberEatsや出前館のサービスを導入することで新たな販路を拡大することができます。

オフライン(アナログ)での集客方法

ポスティング

ポスティングとはチラシなどの配布物をポストに直接投函する広告手法です。

専門的な知識を必要としないため、誰でも気軽に始めることができます。

特に、飲食店など地域でお店を出している場合は、一番確実に情報が行き渡るので、短期的に結果を出すのに、チラシのポスティングは欠かせません。

ポスティングのいいところはターゲットを定めることができる点です。ファミリー世帯が多い地域、1人暮らしが多い地域、など場所によって特徴が異なります。自分の店舗のお客さんになってくれそうな人がたくさん住んでいる地域にポスティングを行うことでより反響率が高まります。

ポスティングの専門業者はこのような地域のデータを豊富に持っているので、相談してみるのもいいでしょう。

地域の詳しいデータを見たい方はこちらを参考にして下さい。

ポスティングはチラシを直接投函するのでクレームが起きることも多々あります。ご自身でポスティングを行う場合にはクレームが起きないように注意を払いましょう。

ポスティングのよくあるクレームを知りたい方はこちらをご覧ください。

ありがちなクレームとその対処法が書いてあるので参考にしてください。

ポスティングの反響率を高めるためにはチラシのデザインと配布計画が大切です。貰い手の気持ちに立つことを忘れないようにしましょう。

看板

路面看板は駅やビルに見られる看板のことです。みなさんも何気なくその看板を見たことがあると思います。

駅にある看板を毎日見ていたら、頭に刷り込まれて覚えてしまうものです。それが認知されるという事であり、サイトへの誘導や来店につながります。

駅だけでなくビルの外観・屋上・道路・断幕(だんまく)など様々な種類があり、お店やサービス内容によって最適な設置場所は異なります。飲食店では店舗前にメニューの看板を出すことで来店効果が高まります。

路面看板は場所にもよりますが、1件数十万円はかかります。さらにデザイン費や施工費のコストもかかってしまうため、気軽には始められません。

チラシなどの紙媒体は長くはもたずに捨てられてしまうでしょう。その点、店舗前の看板は一度設置したら壊れない限りはずっとその場に残り続け、長期的に顧客を呼び続けることができるのです。

お店独自のメニュー開発

飲食店において提供する食事メニューの品質は大事です。そのお店でしか提供できないメニューがあるとそれを目当てにお客さんが来店してくれます。

カラフルな飲み物やデカ盛りメニューが代表的な例として挙げられます。目を引くビジュアルのメニューはSNSで写真映えして若者の間で有名になることもあります。

集客において大事なこと

そんなことわかっているよと思われそうですが、そもそもなぜ集客が大事なのでしょうか。

その理由は集客は「売上アップ」に欠かせない要素だからです。飲食店の売上は「客数×客単価」で決まるため、客数に当たる「新規顧客」と「既存顧客」を増やすことは売上アップに繋がります。リピーターを獲得することも大切ですが、そもそも新規でお客さんが来てくれなければリピーターを獲得することもできないので、今回は新規顧客獲得に絞ってお話ししています。

集客は長い目で見る

飲食店を経営している方はすぐにでもお客さんを集めて売上を上げたいと思います。

集客方法の多くは、長く続けることで多大な集客効果が期待できます。即効性を求めてしまうと、思ったような効果が期待できないことがあるので注意しましょう。

例えば、SNSで一時的に話題を呼ぶことに成功したとします。

この場合、一時的に客数を増やすことはできますが、時間が経つにつれて客足は遠のいてしまうでしょう。これでは、集客力や売上の安定にはつながりません。

特にサイト運営やSNSの運営は、継続して運営することで効果が表れます。

また、Google マイビジネスやグルメサイトなども、実際に良いレビューや評価が集まるまでには、一定以上の時間が必要です。

オンライン(デジタル)の集客方法は中長期的、オフライン(アナログ)の集客方法は短期的という考えを持ちましょう。とりあえず短期の売上を上げたい方にはポスティングがおすすめです。

ターゲットを明確にする

集客においてターゲットを明確にすることが最も大切です。これは飲食店以外にも言えることです。

お店の強みは何で、どんな人に来てほしいのか考えましょう。ターゲットが違えば、効果的な集客方法が変わってきます。さらにどんなチラシにするのか、どんな写真を上げていくのか、根本から変わっていきます。なので、ターゲットを今一度明確にしましょう。

カフェ

〈ターゲット〉10〜20代の女性に来店してほしい

〈施策〉Instagramでおしゃれな飲み物の写真を投稿する

レストラン

〈ターゲット〉家族連れに来店してほしい

〈施策〉子供がいる世帯にポスティングする

リピーターにする

飲食店の集客において最も大切なのは来てくれたお客さんをリピーターにすることです。来店してくれても1回だけであれば、また新規のお客さんに向けた集客を半永久的にしなければなりません。それは大変ですしコストがかかります。リピーターを獲得することで継続的に安定した売上に繋がります。

新規のお客さんをリピーターにするには、もう一度来たいと思わさなければなりません。そのためには質の高い料理と接客を提供する必要があります。質の高いサービスを提供できるよう心がけ、スタッフの教育も欠かさないようにしましょう。

効果的な集客を実践しよう

今回は飲食店の集客について解説していきました。

今回紹介した集客方法以外にもお客さんを集める方法はたくさんあります。店舗それぞれの客層や顧客ターゲットに合わせて、費用対効果の高い集客方法を選定することが大切です。それぞれの集客方法のメリットとデメリットを把握し、自店舗に合った集客方法を実践しましょう。

弊社では、配布実績3億枚を突破しているポスティング専門会社です。ただ配るだけでない反響にこだわったポスティングを行なっています。ポスティングのコツ、価格、デザインなどポスティングに関することならお任せください。集客やポスティングに関して何かお困りのことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

まずはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です