美容室の店舗集客は必須?新規顧客もリピート客も増加させる手頃な広告!

令和元年時点で約25万4000軒と過去最高記録を出し、年々店舗増加傾向にある美容業界です。競合他社が増えるなか、美容業界は縮小傾向にあり美容業界の売上は下がる一方です。そんな経営困難と言われる美容業界において、店舗集客について、新規顧客からリピート客の増加まで徹底解説を行いたいと思います!
ぜひ、最後まで読んでみて下さい。

1.集客は目的を明確にすることが重要

美容室における目的はターゲットです。ターゲットを明確にすることで新規顧客集客とリピート客の2種類の客層の集客率を高めます。

自社の強みや競合店舗と比較を行うことで、多角的な方面から分析が行えます。そして、自社のオリジナリティやブランディングが生まれます。

2.美容室の店舗集客おすすめツール3選

前述でお伝えした通り、美容業界は集客が年々難しくなっています。そこで、ツールを用いたおすすめ集客を3つお伝えしたいと思います。

2-1 SNS

1つ目に紹介するのは「SNS」です。SNSでは近年発達しており、特に弊社でも推奨しているのが、「Instagram・Twitter・Facebook」です。これらの3つのSNSのみで集客は完結出来るとも言われています。ぜひ、まだアカウント開設を行っていない方は、この機会にはじめてみてはいかがでしょうか。

2-2 Googleマイビジネス

2つ目に紹介するのは「Googleマイビジネス」です。Googleマイビジネスは通称MEOとも呼ばれており、Googleにて検索を行った際に店舗が上位3つ表示される機能です。

こちらも店舗集客を行う上で鉄則になりますので、登録をしていない方はしてみてください。

2-3 チラシ・DM

3つ目に紹介するのは「チラシ・DM」です。チラシは通称ポスティングと言われており、ポスティングはSNS、Googleマイビジネスとは異なり有料制にはなりますが、他の広告と違い、低価格で始めやすい広告とされています。

3.リピート客を増やすためには

リピート客を増やすためには再来店をしたくなる仕組みづくりが大切です。例としては、次回来店の際の割引クーポンやメルマガや初回時にアンケートなど、再来店を促すきっかけはそれぞれです。

「あの美容室でもう一度カットをしてもらいたい」「会話に疲れを感じない」といった施術中でもリピートを促す仕組みづくりは多いにありますので、試してみて下さい。

4.店舗売上を上げるコツ

店舗売上を上げるコツとしてはターゲットに合わせて臨機応変に対応することです。施術中のトークのみならず、店舗に置く商品などもターゲットとなる年齢層に合わせることが重要です。

例えば、高年齢層が多い店舗であれば、白髪染めであったり若年層にはツヤに特化したワックスといった様々なアプローチ方法があるかと思われます。

5.ポスティングをはじめたい方必見!

いかがでしたか?今回は美容院の店舗集客についてお伝えしました。今回お伝えした方法は他の記事やYouTubeなどで見た内容と被ってしまった箇所もあるかと思います。しかし、ポスティングを集客に用いている店舗は少ない印象がありますので、ぜひ試してみて下さい。

最後に、弊社エリアマーケットでは累計3億枚以上の配布実績がある、ポスティング専門会社です。ただ配るだけでない反響にこだわったポスティングを行なっています。ポスティングについて気になる、わからないことがありましたら、ご気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です