ポスティングは費用対効果抜群!測定方法から効果を高めるコツまで!

ポスティングは比較的手頃な価格で、はじめやすい広告と言われています。しかし、手頃な価格なため、効果が高くないという風潮があります。今回はそんなポスティングが手頃かつ効果が高いわけについてお伝えしたいと思います。

1.ポスティングにおける費用対効果とは?

ポスティングを行うには「チラシデザイン、印刷費、人件費」これらが基本的に必要となる費用です。また、タワーマンション限定や地域特定といったポスティングでは、プラスで料金がかかってきます。

これらの費用に対して、見合う効果が出なけれいけません。そこで、成果を測定し、費用に見合った分析が必要になります。

2.ポスティング業者の費用対効果の測定方法!

ポスティングにおける費用対効果測定方法として、弊社で推奨している2つの手法を紹介したいと思います。

1つ目は「チラシ持参」です。これは店舗へ集客を望む方に推奨しています。チラシ持参することで、多少なりとも割引を行うことで、チラシの反響率が図れます。

2つ目は「QRコード」です。これは1つ目の店舗にも用いることが出来るのですが、デジタル集客に特化しています。近年では、デリバリーなどの初回割引といったものに用いられることが多いです。

3.ポスティング専門業者の教える効果を高めるコツ3選

ポスティングはむやみやたらに配布しても効果は出ません。なので、ここではポスティングを実施する上で、効果を高めるコツをお伝えしたいと思います。

3-1ターゲットを明確にする

ポスティングにおいて、ターゲットを明確にすることは最も重要と言っても過言ではないです。なので、年齢層をメインにターゲットを絞ることをおすすめします。

3-2 チラシデザイン

チラシデザインでは、弊社で推奨しているのは自社よがりのチラシではなく、お客様を思うチラシデザインを推奨しています。こちらのチラシの詳細については下記リンクからご確認下さい。

3-3 配布地域

配布地域では、自分たちが望むお客さんが住んでいない地域に配っても意味がありません。地域の住民属性データを照らし合わせてみましょう。自店舗を構えている場合は周辺2km圏内の配布は必須です。

4.ポスティングと他の広告の違い

広告には大きく分けて2種類のタイプがあります。1つはデジタル広告です。デジタル広告の代表的なものとしては、YouTubeの広告などが該当します。2つ目はアナログ広告です。アナログ広告とはポスティングなどが該当します。

そのような、アナログ広告であるポスティングでは手元に残ることから、デジタル広告や他のアナログ広告よりも保存率が高いと言われています。

5.費用対効果抜群なポスティング業者とは?

いかがでしたか?今回はポスティングにおける費用対効果についてお伝えしてきました。

ポスティングはきちんと行えば、費用対効果抜群ということがお分かり頂けたかと思います。

そこで、弊社エリアマーケットでは累計3億枚以上の配布実績がある、ポスティング専門会社です。ただ配るだけでない反響にこだわったポスティングを行なっています。ポスティングについて気になる、わからないことがありましたら、ご気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です