ポスティングは継続が重要!効果的な長期配布のコツ5選!

広告において1度で効果が出ることは滅多にありません。また、ポスティングも同様に、1度配布を行うだけで効果が出づらいです。そのため、ポスティングは継続的に行うことが重要になります。しかし、効果的なチラシ配布を行わない場合では永続的に意味を成すことは出来ません。なので、今回はポスティングを継続して配布を行いたい方、行ったけど効果が出なかった方向けに書いていますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

1.ポスティングを継続的に行っていても効果が出ない理由

ポスティングはただひたすら、チラシを撒いていても一向に効果は出ません。なので、ポスティングにおいて、チラシを撒いていても効果が出ない、例3つをもとに解説を行いたいと思います。

1-1 継続的に行うメリットを活かせていない

前述でもお伝えしたとおり、広告において1度で効果が出ることは滅多にありません。なので、多くの方が勘違いされていることは、1度配布したエリアには配布せず次のエリアに配布をしてしまうことです。

1-2 セグメントが出来ていない

ポスティングにおいて、セグメントを重視しなければ、効果は出ないといっても過言ではありません。セグメントは設計のことを指します。ポスティング業界では、「エリア」「年齢層」などのことです。

1–3 チラシデザイン

チラシデザイン1つで手元で読むお客さんの反応は大きく異なります。チラシデザインには文字の強弱や色味など、様々な工夫が必要です。チラシデザインをご自身でやられる予定のある方はこちらの記事で詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

2.ポスティングにおいて継続的に効果を出すには?

上記でお伝えした、効果が出ない理由の例で挙げたことを改善すれば、ポスティングにおいて継続的に効果を出せると思われている方も多いのではないでしょうか。しかし、それが全てとは限りません。なので、2つほど、効果の出るポイントをお伝えしたいと思います。

2-1 配布エリア・年齢層のターゲットを明確にする

前述で、お伝えしたセグメントについてです。セグメントはまず、自社サービスの理解をより深めることが重要になります。年齢層はファミリー向けなのか高齢層向けなのか、そして、ファミリーであれば、戸建て地域の多い地区への配布が優位性を高めます。これらのセグメントは、はじめは難しいと思われますので、弊社ではチラシ配布について相談無料を承っていますので、お気軽にご相談下さい。

2-2 効果測定を行う

効果測定はポスティング後の測定を行うものです、チラシをもとにどの客層から問い合わせが多かったのか、また、金額が異なるものであればどのサービスが売れたのかこれらの効果測定をもとに、ポスティングは継続的に行っていき、販促を行います。

3.効果的なポスティングを継続的に行いたい方

いかがでしたか?

今回はポスティングを継続するうえで、重要なポイントを解説してきました。1度もポスティングを試みたことのない方は事前相談をしてみてください。また、1度ポスティングを行って失敗された方は、今すぐでも相談をしてみて下さい。相談先は?と思われた方。弊社では、累計配布枚数3億枚以上のチラシ配布実績を持つ、ポスティング専門会社である、エリアマーケット株式会社で無料相談を行っていますので、ぜひお気軽にご連絡下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です